青汁の副作用は?

青汁はもはや健康食品の枠を超えて、病気治療にも使えるという青汁神話ができつつあるほどに糖尿病予防の青汁としても効果的な食品です。しかしながら、そこまで効果があると、逆に副作用もあるのではないかという心配もあります。

健康のため、またアンチエイジングや美容のため、ダイエットのために飲んでいるのに副作用によってトラブルが生じるなら大変です。しかし、青汁がここまで人気なのは、青汁には副作用がないからなのです。

青汁はそもそも野菜を絞った汁でしかありませんから、野菜です。野菜で副作用が出るということが無ければ、青汁からも出ません。

もちろん、青汁だとしてもスーパーで買ってくる野菜と同じで、添加物や農薬によって汚染された野菜から作られていれば何かが起こる可能性はあります。ですから、できるだけ無添加のものを選んだほうが良いのは間違いありません。

青汁を飲む際に注意が必要なこととして、即効性は期待できないということがあります。これは別の角度から見れば、身体にゆっくりと影響を与えるため、体にかかる負担も少なく、それだけ安全ということでもあるのです。漢方薬と一緒です。

人によってはアレルギーを起こす食品や成分が原料に含まれていることもあるため、絶対的に大丈夫とは言えませんが、基本的に安全性が確認されているのが青汁です。もしも青汁を飲むことで副作用らしいものが生じるとしたら、飲みすぎて下痢になったり、便に青汁の色が混じる、といったくらいのものですから、安心して飲用してください。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *