脂質異常症の原因や対策を考える

血液中に含まれている中性脂肪やコレステロールが増えすぎてしまうと、血液に粘り気が出てしまい、血管が詰まる可能性が高くなってしまいます。
これによって、動脈硬化などの病気に発展してしまう可能性も高まります。

・コレステロールの2つの種類
コレステロールには、HDKコレステロールとLDLコレステロールがあるのですが、この二つのコレステロールというのは働きが違っています。LDLコレステロールが増えすぎてしまうと、動脈硬化を発症するリスクが高くなってしまうのです。HDLコレステロールというのは、体全体にコレステロールを運ぶだけではなく、必要ないコレステロールを回収する役割を持っています。この働きによって善玉コレステロールとも呼ばれています。

LDLコレステロールが増えすぎてしまい、140mg/dlを超えてしまった場合、高LDLコレステロール血症という病気として診断されることになります。このLDLコレステロールというのは、悪玉コレステロールと呼ばれており、必要ないコレステロールをスムーズに回収することができなくなります。

これによって、必要ないコレステロールが血液中に溜まってしまい、粘ついた血液になってしまうのです。この高コレステロール血症と診断された場合、反対にHDLコレステロールが減少してしまっている可能性が高いです。

超悪玉といわれるLDLコレステロールが増えてしまうと、血管内壁を傷つけるだけではなく、その傷が入った内壁に侵入し、血管の耐久度を下げてしまいます。

・低HDLコレステロール血症
HDLコレステロールを測定して40mg/dlを下回っている場合、低HDLコレステロール血症と医師から診断されることになります。血液中の善玉コレステロールが減少してしまい、スムーズにコレステロールの回収をすることが出来なくなってしまう症状になっています。

・脂質異常症
血液検査で中性脂肪値を測定し、150mg/dlを超えてしまっていると、高トリグリセライド血症といわれる病気だと診断されます。この病気を発症しやすい年齢は性別によって違っており、女性の場合は50代、男性の場合は30代から発症しやすくなります。中性脂肪値が130mg/dl異常になってしまっているのであれば、生活習慣を改めないと高トリグリセライド血症になる可能性が高くなってしまいます。中性脂肪値が130mg/dlを超えてくると、善玉コレステロールの数が少なくなっていきます。

動脈硬化に発展しないようにしていきたいのであれば、まずは中性脂肪値を高めてしまわないようにして、善玉コレステロールの数を維持するようにしましょう。中でも、運動をしていない人や太っている人、高血糖になっている人などは、中性脂肪値が上昇しやすくなっていますので注意してください。

・脂質異常症の症状は?
脂質異常症は発症したとしてもほとんど自覚症状がありません。症状がほとんどないため、気づかないことがとても多いです。

しかし、脂質異常症になっていると、動脈硬化になるリスクがどんどん高くなってしまいます。コレステロールが血管内でたまってしまい、血管から出血する可能性が高くなります。そうなると心筋梗塞や脳卒中などの病気に繋がりかねませんから、定期的に中性脂肪値などをチェックしておく必要があるでしょう。

脂質異常症を予防・改善するためにこちらのサイトをご参考ください。
http://xn--rutt03crhan01bppo.com/

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *