Monthly Archives: June 2016

太陽光発電補助金の管理

太陽光発電の補助金制度について 補助金制度を知る 現在日本では地球温暖化の防止のため、地球にやさしい太陽光発電システムを拡大させる支援策がとられています。そのひとつとして補助金制度があります。補助金には国によるものと地方自治体によるものの二つに分けることができます。 国からの補助金は「住宅用太陽光発電導入支援費補助金」と呼ばれ、現在の制度は2009年から始まっています。2013年現在、太陽光発電システムの価格に応じて1kWあたり20、000円か15、000円の補助金が交付されています。 補助金制度の運営は一般社団法人太陽光発電協会(太陽光発電普及拡大センター)が行っています。 地方自治体による補助金は都道府県が実施しているものと市町村が実施しているものの2つがあります。 いずれも自治体によって補助金の助成額や条件が異なっています。さらに、自治体の中には補助金制度が存在しないところもあります。 自宅に太陽光発電システムを設置したい場合、あらかじめ今住んでいる自治体の制度をよく調べておく必要があるといえるでしょう。 注意点 国や地方自治体の補助金は予算を使い切ってしまった時点で終了します。また地方自治体の場合は申込件数が一定数を超えると申請を締め切るというところもあるそうです。申請はスピーディーに行う必要があるといえるでしょう。 補助金の申請は販売会社などに手続きの代行を依頼することができます。しかし販売会社の中には不正な手続きを行うところもあるといわれています。 不正な手続きが発覚した場合、補助金を得られない可能性があります。太陽光発電システムを設置する際には必ず複数業者から見積もりを取り、契約内容をよく確認することが大切だといえます。 ちなみに申請書類の控えは申請者が17年間保管する必要があります。必ず業者から受け取り忘れが無いよう確認してください。決して業者に任せきりにしてはいけません。任せきりはトラブルの元凶になりがちです。

Posted in Uncategorized | Leave a comment